クダンノゴトシネタバレ第5話,6話【クダンの存在を認めざるを得ないメンバー達…】

    

辰巳の葬式も終わり、あゆみが心配になったメンバーたちは
家に行くがあゆみの姿が見当たらなかった。そこで光はいそうな
場所がわかるということで大学の校舎へ向かうとあゆみは屋上に
たち今にも自殺をしようとしそうな雰囲気だった。
それを何とか止めに入り納得したあゆみだったが、足を滑らせ
屋上から落ちてしまう!だが次の瞬間、あゆみは何事もなかった
かのように立ち上がり光を見上げるのであった・・・。
屋上から落ちたあゆみを部屋に連れ帰り相談を始めるメンバーたち。メンバーたちは口々に「何かがおかしい」と言い始める。
そこでようやく今まであったことをまとめ、ある妖怪に似ている
事がわかりメンバーたちは動いていくことになる。

あゆみを部屋で安静にさせ、残ったメンバーで話を始める。
そこで伸司がいろいろ調べたと言いながら全員にタブレットを見せ中身を見るとそれは「件」と表記された頭は人間で体が牛の妖怪が載っていた。
その妖怪は「予言」をする妖怪とも載っている・・・。
「妖怪などファンタジーの世界だと思っていた」という伸司だったが、何度も変なことが続くと信じざるを得ないかもしれないと皆に言う。
するとインターホンが鳴った・・・。恐る恐る玄関を開けるとそこには花束を持った宅配人の姿があった。
一同は何となく安心をして、その花束の差出人を見るとそれは辰巳だった・・・。
それを受け取ったあゆみは何かを決心したように「もう絶対自殺なんてしない!残された時間で私のやるべきことが見つかった!」と言ったあゆみをみて安心しそれぞれ帰路へと着くメンバーたちだった。

だがその帰り道、舞はまだあゆみを心配しているが、
伸司は「まずは解決策を見つけ“件”のことをもっと調べないといけない」と舞に言う。

そこで光は今までのことが嘘のように「絶対に止めさせてやる!」と意気込む。そしてあゆみは残された時間である場所へと赴くことになった。

ようやく正式な妖怪名「件」が出てきた回です。この漫画にでてくる「件」も怖さを感じますが、昔に描かれた妖怪「件」は本当に怖いと思いませんか?現代のほうが絵の描写はとても素晴らしいと思いますが昔に描かれた妖怪や幽霊の絵などは迫力があり恐怖感しかありません。ずっと見ていると引き込まれそうになり、そして呪われそうです・・・。昔はよくこのような心霊番組で幽霊絵画などの特集をやっていましたが今はさっぱりやらなくなりましたね。たしかに子供が見ればトラウマになってしまいますから・・・。まぁ私もトラウマになってしまった1人ですけど・・・。次回も期待して読ませて頂きます。