クダンノゴトシネタバレ第1話【体は牛、顔は人間の件(クダン)による恐怖が幕を開ける】

    

男女合わせて合計7人で伊豆へ卒業旅行で行き、一応楽しく
帰路へつく中でその事件は起こってしまった・・・。

それは車内でのこと。
「大学の卒業旅行で伊豆なんて行く人なんていない」なんて
話しながら、各サークルは海外に行ったなど話していると
山道に入っていることに気付いたメンバーたち。
一人の男子が「ノリがすべて」と言うとメンバーたちは乗り気
になり運転手がアクセルを踏んだ瞬間!
突然目の前に黒い物体が通過し車と衝突してしまったのだ!
この物体の正体とは一体何なのか!?

卒業旅行へと行った帰り道で起こってしまった物損事故・・・。
その車内にいるメンバーは「藤澤伸司、馬場あゆみ、小野寺洋太
河合舞、白石辰巳、辻本光、桜井千鶴」この7人。
その物体と衝突した後に聞こえた断末魔のような声に驚く女子たち。
運転をしていた小野寺の顔からは滝のような汗が流れ

 

「轢いた・・」

 

一言だけ発するので河合舞が「何を?」と聞いてきます。その横でクールを
装い車の修理代を気にする藤澤伸司を横目に桜井千鶴が「人じゃないよね・・」と
言ったことでメンバーたちは外に出て確認することにします。
男性は要人のため棒きれを持ちその場に向かっていき倒れている物体に明かりを
照らした時にメンバーたちは息を呑む。
それは体は牛だが、何と顔は人間だった!
そしてその牛が何かブツブツ行っているのを聞いた男達は持っていた棒でその
牛のような何かを無言で殴り続ける・・・。そして最後に「死ね!」の一言を
言い殴った瞬間に、その牛のような何かは完全に息を引き取った・・・。
その後メンバーたちは無言のまま車に乗り込み地元へと帰り、借りた車を
レンタカー会社へ持っていくと、その車には傷一つない綺麗な車へ戻っていた・・・。

そんなことがあった翌日。
辻本光は付き合っていた桜井千鶴に対し突然別れ話をし始め、一方的に電話を切り
辻本光は首を括ることになったことから物語が進んいでいくことになります。

とにかくこの「件(くだん)」は怖いと思います。見た目もそうですが、その
恨みの強さというか念の強さが、読んでいる人間に対して更に恐怖感を倍増
させてくれると思いませんか?おそらくこの「件」は妖怪と類いの中では
相当有名なのではないでしょうか。ネットで検索をするときに「件」という
キーワードが入ってれば間違いなくこの「件」の画像が出てきますからね(笑)
初めてそれを見たときには思わず声を上げてしまったのをおぼえております。
このマンガはまだまだ始まったばかりですが、早速「件」が出てきて、呪いの
言葉を発していますよね。次の回がとても気になる終わり方でしたので、早く
読みたいと思います。